甘い食品を食べ過ぎていませんか

食欲の秋まっただ中! 甘いスイーツなどを食べ過ぎていませんか。

甘味(あまみ)依存症についてお話しましょう。 糖などの甘味を食べると血糖値が上がり、気持ちの安定やストレスの緩和、気分を高揚させる作用があります。それを得るために大量摂取が続くと、アルコール依存症などと同じような耐性が生まれ、摂取せずにはいられなくなります。

依存症が考えられる状態とは、自身で甘味を食べる量がコントロールでき、健康状態が良ければ問題ありません。ただし、摂取しないと落ち着かなくなったり、著しい体重増加があるなら注意が必要です。また、食事の量を減らしてでも甘味を取るなど、極端な偏食が表れることもあります。

治療となると、依存症だけでなく、摂食障害やうつ病、統合失調症など、心の病が隠れていることがあります。まずは原因を探り、治療を行います。 。

ハートクリニック院長 浅井逸郎
2009/11/03

コメントする