横浜院長のひとりごと No.269 キーシン

hitorigoto-269a.png横浜院長の柏です。アニメ版ingressも佳境のところ、ついにスマホゲームのingressもメジャーアプデ。Ingress Primeがローンチされました。美しいグラフィックにアニメーション。ワクワクさせられますが、まだβ版っぽくバグが多いのが残念。操作性も、まだ慣れないのでなんとも、またポケモンからこっちにシフトだなぁ。

hitorigoto-269b.jpg先週金曜日、キーシンのコンサートを聞きにみなとみらいホールへ行ってきました。今日は久々にクラシック音楽談義といたしましょう。

キーシンのプログラム、元々は前半ハンマークラヴィーア(ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ第29番、最長かつ重厚な曲です!)の予定だったのが、ショパンとシューマンに変更となりました。ちょっとがっかり、だったのですが、蓋を開けてみるとさすがはキーシン。とくに冒頭のショパン(夜想曲op.55-1とop.62-2)が珠玉の出来で、後半のラフマニノフの前奏曲10曲連続演奏とともに強く印象に残りました。キーシンはなんといってもタッチが絶妙で、左手をしっかり弾いていて、えっ、こんなに弾いたら右手の主題が聞こえないんじゃないの?と思っても、そこから乗ってくる右手の主題はしっかりと心に響いてきます。音量では負けているはずなのに、タッチの生きた音はしっかり聞こえるんですね。右手と左手が別々の生き物で、二匹が共鳴してひとつの生命体、ひとつの宇宙を作っていく...一流アーティストの真髄を見た、じゃなくて聴かせていただきました。

hitorigoto-269c.pngみなとみらいホールは写真のように舞台の向こう側にも席がありまして(P席といいます)、今回あえてP席、この写真の手前から見てセンターからやや右側の席を取りました。グランドピアノは「屋根」があるので、音は演奏者から右側、つまり通常の客席側に広がるためP席は音としてはちょっと籠もってしまいます。しかし、舞台より高いところに席があるので、演奏者やピアノをよく見ることができます。つまり、音響としては落ちるけど視覚的に演奏を楽しめる席なのです。今回は右側だったので、鍵盤・タッチは見えませんがキーシンの表情がよく見えました。叙情的なパッセージでは彼の歌声(唸り声?)もよく聞こえ、演奏者の間近で音楽を楽しめました。
完全な私見ですが、写真の手前から見て主客席側右側を主右、主客席側左側を主左、P席右側をP右、P席左側をP左とすると、ピアノ独奏の場合
 主右:音が一番良い 鍵盤は見にくい
 主左:音は次に良い 鍵盤が見やすい
 P右:音は良くない 表情が見やすい
 P左:音は良くない 鍵盤がとても見やすい

こんな感じでしょうか。みなとみらいホールの場合、さらには横側にも席があります。このページから、各席からの見え方も確認できますよ。

では今日の一曲。上でお話ししたショパンの夜想曲ヘ短調op.55-1にしましょう。キーシンの2010年のライブ映像、その1曲目です。全部聞くと1時間半あって、3曲めが今回の2曲め、夜想曲ホ長調op.62-2です。

こちらは同じ曲、ホロヴィッツのカーネギーホール・コンサートからです。どちらも素晴らしい...。ではまた。

コメントする