横浜院長のひとりごと No.286 10連休

横浜院長の柏です。平成最後のエントリーとなりますかね。事後報告で恐縮ですが、先週の仰天ニュース、ご覧になりました?以前に出演させていただいたときの再現ビデオの再編集が、短時間ですが放映されました。再編集にあたり文面チェックなどもあり、エンドクレジットにまた名前が出ております。実は別の題材のものも監修させていただいており(出演はしておりません)、近々放映されると思いますので皆さん見てくださいね。

さて、世の中は10連休。年末年始以外はいつも祝日診療を続けている当院ですが、さすがにみなさん10連休の中お仕事するのはちょっと気が重いところです(^_^;。今年はお休みされる先生の分まで引き受けたこともあって、今週はほぼ出ずっぱりのワタクシなのでした(T_T)。しかし通院中の方々は連休中を回避される傾向があり、新患の方々とお会いする機会が増える週でもあります。
先週まで来院される皆さんに連休どう過ごされるのか伺っていましたが、10連休となる方でも意外とお出かけの予定はあまりないようでしたね。どこ行っても混んでる、高い...先進国で一番祝日が多いというわが国ですが、残業制限だけでなくこのあたりもしっかり労働改革を進める必要がありますよね。かつてアメリカ留学中のことですが、時々ボスの姿が見えないときがあり「デーブどこ?」と同僚に聞くと今ヒマラヤだよ、とかで突然3週間くらい留守にしてたり(トライアスロンが趣味という大男でした)、祝日の数は少ないけどみんな勝手にロングバケーションを取る、やはり豊かな国だと痛感したものでした。我が国では、逆に非正規の方だと10連休で月収が大きく減ってしまうという大きな問題もお聞きしています。10連休一つをとっても、いろいろ考えさせられますね。
お疲れのまま予定のない10連休に入った方は、前半はゆっくり休み、後半は少し動いて生活リズムをきちんと戻しましょうね。連休明け、調子を崩されないよう「リズム」を意識してお過ごしください。
そして、連休の真ん中で元号が変わりますね。「動きたい」「変わりたい」と思いながらなかなか動けないでいた方、思い切って動いてみるチャンスですよ。私の担当させていただいている方でも、この機会に!という方が何人もいらっしゃいます。医師、スタッフもサポートしていきますので、ぜひご相談くださいね。

平成最後の(しつこい?)今日の一曲。前回フランスものをお届けしたところで、これまでクロード・ドビュッシーを一度も取り上げていないことに気づきました。別に嫌いなわけでもなんでもないのですが、なぜかたまたま...ということで、今日はドビュッシーのアラベスクにしましょう。小川典子のピアノで、同じ「クロード」の名を持つモネの絵画とともにお楽しみください。ではよい連休を。


コメントする