横浜院長のひとりごと No.324 mono-2

横浜院長の柏です。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、新型コロナウイルスによる自粛は続いていますね。感染を怖れて内科や小児科などのクリニックがガラガラ、という話を聞きますが、当院も来院中の方々の自粛もあるのか、ここのところ比較的予約が取りやすい状況にあります。ちょっと前までは私の新患枠は知り合いの医師や支援者からの依頼で埋まってしまい、一般の方々を受けることは難しい状況が続いていたのですが、ここのところぼちぼち一般枠の新患をお受けできるようになっています。ほかの先生方の枠も、比較的取りやすい状況にあるようです。新規に受診をお考えの方はぜひ0120-541-556までお電話くださいね。さて、コロナの話題ばかりで食傷気味と思われますので、今日は久々にオイラが仕入れたトンデモ(?)グッズの紹介といたしましょう。No.243 "mono"のパート2です。

1.png
2.png
今日のメイングッズはこれです。いかにも怪しげでしょう(笑)?例によってアメリカのクラウドファンディングで仕入れた、NeoRhythmなる脳を賦活する装置(^_^;;です。

こんな風に頭につけますと、このギアから磁場が発生して脳に刺激を与え、またプログラムと装着方法の切り替えによって「メンタル能力増大/エネルギーと活力/深いリラクゼーション/睡眠改善/疼痛コントロール/深いθ瞑想/穏やかな瞑想」といった効果が期待できる、とあります。
磁場といえば、そうです。rTMS(経頭蓋磁気刺激法)が思い出されますね。うつ病で保険適応にもなっている治療法で、脳に磁場を与えることで電磁誘導を起こし、脳内に電流を発生させて神経細胞に刺激を与える治療法です。保険診療ではなく高額治療費を取る医療機関もあるので要注意ですが、正しく行えばうつ病には一定の効果が期待され、また今後、様々な精神疾患への応用も期待される治療法です。
でこのギアですが、low intensity rTMS(低強度rTMS, LI-rTMS)と銘打ち、持続的な効果がある、と宣伝しています。根拠として論文を2本提示(これこれ)していますが、オープンアクセスなので査読がかかっておらず、信憑性に疑問があります。LI-rTMSでPubMed検索するといろいろかかってきますがいずれも動物実験段階であり、この論文ですとlowが4mT, mediumが50mT, highが1T(Tはテスラ=磁場の単位)、ほかの論文でも10mT内外のようです。上記オープンアクセス論文によるとこのギアでは2.5mTらしいので、この実験レベルのLI-rTMSとほぼ同オーダーかと思われます。実際にうつ病に行われているrTMSは1Tくらいのよう(参考総説)なので、その1/400のパワーしかなく、まだ動物実験レベルということになります。
とまあ、はっきり言って怪しいギア以外の何物でもないのですが、茶目っ気でポチってしまいました(^_^;。なんとなく悪の秘密結社みたいでよくないですか(笑)。早期割$224のおもちゃです。あ、決してお勧めしていませんのでお間違えなく。
今も「エネルギーと活力」のチャンネルでギアを装着して書いておるのですが、どうですかね(^o^)

続いてはこの半年で購入したAppleグッズ2つ。

3.png

まずはApple Watch。長男はSeries 1から買っていたのですが、私は満を持して(?) 今回のSeries 5をはじめて購入しました。いろいろ便利で、基本的な使い勝手には満足していますが、やはりせっかくのApple Watch、健康管理で使いたいもの。歩数や心拍数は取れるものの、アメリカで使える心電図機能が使えないのは痛いなぁ。次期バージョンでは新型コロナで話題になっている酸素飽和度をはかる機能も搭載される説あり、ここは厚労省も柔軟な措置をお願いしたいところです。酸素飽和度については、iPhoneでフラッシュを使用して測定するアプリがあるのですが、正確性などわからないんですよね。

4.png

Apple Watchにはいろんなバージョンがあるのですが、今回実はHERMÉS(へるめす、じゃないよ、えるめすだよ)の漆黒に一目惚れしてしまい、大人買いしてしまいました。しかし、Apple Storeではすぐに売り切れてしまい(今はまた普通に買えるみたい...ひどいなぁ)、これはヤバいと意を決して高島屋のエルメスへ。いやー私は、というか、かみさんも私も、柏家はブランドにはまったく興味がない一家なので(先週もユニクロで大人買いして来ました)、高島屋の2階なんてまったく縁がなかったわけです。えるめすなんて電車男でしか知らないし。緊張してガチガチになりながら入店、上品な年配の店員さんにビビりながらも何とか購入、しかし2ヶ月待ちで年越しになってしまったのでした。いやー今後もうああいうブランドショップ行くことないだろーな、うん。いい経験ではありました。

5.png

お次はこれ、AirPods Proです。これはいいですね。No.151でノイズキャンセリングイヤホンがほしい!と書きましたが、こいつは理想的です。小さくワイヤレスで装着感なく、かつしっかりノイキャンしてくれます。音質も上等。電車通勤がコンサートホールになった(大げさ)のですが、最近また車通勤に戻ってしまったのであまり使わなくなり残念。音過敏の人にもいいかも知れませんね(ただ、最大4時間半なので、もっと長持ちするやつかイヤーマフのほうがいいかも知れませんが)。

6.png

お次はこれ。相鉄ユーザーのアイドル、そうにゃん。不二家とコラボのミルキー缶です。相鉄ローゼンでゲットしましたよ。

7.png

お次はこれ。吉野家でポケ盛り再登場。いざグラードンを!と思ったらウツドン...君じゃない...orz と落ち込んでいたら、優しい受付さんがピカチュウをあててくれました、とさ。

8.png

最後はこれ、わが家にもようやく届きました。あべのハルカス、じゃなくてアベノマスク。いよいよ横浜も配られたことから、当院もマスク着用を必須とさせていただきたいと思います。着用されていない方がいると不安に感じてしまう患者さんもいらっしゃって、診察の際に不安を述べられることがあります。今ではドンキの店頭でも山積みで手に入るようになってきました。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

最後に今日の一曲。今回もベートーヴェンイヤーにちなんだ曲にしましょう。作品1ってなんだろう?と調べてみたら、作品1-1〜1-3がピアノトリオの第1番〜第3番なんですね。今日は作品1-1、つまり作品番号がついた作品では一番若い時分の作品・ピアノトリオ第1番変ホ長調を、イストミン・スターン・ローズトリオの動画でどうぞ。ではまた。


コメント(2)

いつも大変お世話になっています。

「このギアから磁場が発生して脳に刺激を与え、またプログラムと装着方法の切り替えによって「メンタル能力増大/エネルギーと活力/深いリラクゼーション/睡眠改善/疼痛コントロール/深いθ瞑想/穏やかな瞑想」といった効果が期待できる」

こんな夢のような最新ギアを愚息の頭に装着したら、あーら不思議、効果的面だったら
こんなにうれしいことはないなぁ〜と思いました(汗)

相変わらず彼は終日、ベッドから出てこない日もあり、不機嫌そうにもしているし
こんなに長時間、眠れるものなのかな〜と、不安がつのる日々です。
また、ちょっと汚い話ですが、毎日ではないのですが、大便、小便をトイレで
流さないことも時々あり、これって、どうなのよ?と。

特異な行動の数々に
1度脳波を検査してみた方が良いのかしら?とか、頭の中の血流が滞って起こる
異常行動なのか?真剣にそれ相応の専門病院を受診した方が良いのか悩めるこの頃です。

おテツママさん
コメントありがとうございます。
おテツ…あのおテツさんかな??
すみません、ギアのことはネタですのでそんなにうまくいきませんのでご容赦のほど(^_^;
検査につきましては、脳波検査、脳血流検査(SPECTなど)などは当方から検査可能な医療機関に紹介することは可能ですのでご希望があればお知らせください。
私の方では、必要性が高い方にはこちらからお伝えしてはおりますが。
よろしくお願いします。

コメントする