職人への道は険しい・・・

みなさんこんにちは。
前回は少し?かなり?真面目な記事を書いたので、今回はまた、違った路線にしようと思います。


以前、環境整備としてベランダの掃除について書きましたが、今回も環境整備第2弾です。


デイケアはカーテンもブラインドもないので、日差しが入ってなかなか明るいんです・・・ということは、真夏になると日差しが・・・暑い!超暑い!!とてつもなく暑い!!!ということになるのではと思います。そのようなことを思っていると仏のスタッフKが「窓にフィルム貼るのはどうですか?」というナイスな提案をしてくれたので、フィルムを購入してみました。
ただ、私に一抹の不安が・・・若かりし頃、愛車にブラックなフィルムを貼ろうとして、気泡が入りまくって挫折した記憶が蘇ってきました。しかし、「あの頃の自分とは違う!」「だって腕を上げたもん!(何の?)」というよく分からない自信に支えられ、チャレンジしました(後はKさんもいるし、何とかなるでしょう!という思いも持って)。
日曜日のデイケア終了後に実施したのですが・・・


職人への道-1.png

このような工程で進めていきました。③を見てお分かりのように、なかなか綺麗に貼れているのではないかと思います。しかもややミラーな感じになるので、バッチリ私も写り込んでいます(日中はそれほどミラーでもないですが・・・)。実はこれは2回目の様子なので、バッチリ貼れていますが、1回目は・・・やはり気泡が多く入ってしまいました。どうしたら綺麗に貼れるのか・・・と認知機能をフルに働かせていくと、自分たちなりの方法を導き出しました。


職人への道-2.png


そんな感じでうまくやれたのですが、もう一枚貼ろうとした時には、集中力が途切れて気泡が・・・まだまだ職人には遠いと思うと同時に、フィルム貼り色にはすごいな・・・と感心しました。
私もデイケアの職人となれるよう、日々精進していく所存です!

デイケアのアイドル(オタク) I

コメント(2)

環境整備ありがとうございました!
おかげさまで、UV(紫外線)と
IR(赤外線)が大幅にカットされて
更に快適なデイケアルームになりました♪

環境整備おつかれさまです♪
実は弊も昔、Y33グロリアをフルスモークにして、
夜な夜な大黒PAに行ったりして、その帰りに
よくパトカーに職質されたりしてました・・・。
(I先生はチョット違うかも知れませんが:笑)

コメントする